未分類

【フレピュア/副作用】怪しい成分と効かない成分?子供には危険?

【フレピュア/副作用】怪しい成分と効かない成分?子供には危険?

フレピュアは危険か安全か?まとめ①:危険な成分は配合無いから副作用も無し

公式サイトにあるように、薬ではないため副作用を心配する怪しい危険な成分は入っておりません。

なた豆やマッシュルーム由来のシャンピニオンエキス、納豆菌由来のポリグルタミン酸など、植物由来の成分配合なため、危険な成分は配合されておりません。

体に悪いサプリメントだと、さすがに継続することを悩みますよね。

レモンミント味やラムネで飴のようなタイプなので、お菓子みたいにたくさん摂取したくなるかもしれません。

だからといってたくさん摂取しても効果はそこまで変わりませんし、かつ乳酸菌やビフィズス菌の作用により下痢になってしまうため、気を付けましょう。

即効性のある効果は、しっかり舐めてから、

蓄積された臭いへの効果は、毎日3か月の連続服用により発揮されます。

薬ではないので副作用によるトラブルもありません。

そのためリスクも危険性もなく使用できるため安心できますね。


フレピュアは危険か安全か?まとめ②:自然由来の成分で子供でも飲める

公式サイトにもあるように自然由来のサプリメントになります。

そして薬ではなく、健康食品のため子供でも問題なく安心して飲むことが出来ます。

ただし何度も言うように、美味しいからといってたくさん食べてしまうと下痢になりますのでご注意下さい。

便秘を治すために飲むといっても、基本的には1日1粒目安になります。

口臭ケアに対するエチケットサプリメントというところは忘れずにいたいですね。

原材料としても、

ポリグルタミン酸(大豆由来)
ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)
有胞子乳酸菌(乳成分含む)
シャンピニオンエキス末
ナタマメ茶末
マルトース
還元麦芽糖水飴
デキストリン
レモン果汁末(大豆を含む)
コーヒー生豆抽出物
甘味料(スクラロース)

ソルビトール
ステアリン酸カルシウム

香料
微粒酸化ケイ素
酸味料(クエン酸)

が含まれており、無添加ではありませんが基本的に危険な成分はありません。

このマーカー部分は「フレピュア」のイチオシ成分です。

このマーカー部分は「危険なのでは?」とされる成分になります。

子供でも安全という事をご説明するために簡単に説明致します。

イチオシ成分


ポリグルタミン酸(大豆由来):
ポリグルタミン酸は、納豆のネバネバの主成分で、アミノ酸のひとつであるグルタミン酸が、鎖のように直鎖状に結合してできた天然のアミノ酸です。
引用元:全国納豆協同組合連合会

この成分が口腔内に潤いをもたらせます。
舐めて唾液を出す事でドライマウスや歯周病や虫歯、歯槽膿漏などにも効果を発揮します。
納豆菌からの由来ですので、植物由来・自然由来の成分で安心して摂取することが出来ます。
デンタルケアにもよく使われている成分ですので、問題なくお使い頂けます。
朝食後の歯磨きであったり、デンタルケアのみならず舌ケアなどの効果を最大限に引き出すには非常に重要になってきます。
成分としては安全な為、子供でも安心して使えますし、正しい歯磨きをして舌磨きもして、しっかり舐めて使うことが口臭ケアに関して非常に効果的でしょう。
とはいっても餃子やニンニクなど臭いの強いものの後はいくらケアしても臭いは残るので気をつけましょう。

 

ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む):
ビフィズス菌により、結果として排便状態が改善します。
具体的には下痢の発生を抑制したり便秘の改善を行うなどです。 また腸内フローラの改善を通じて感染防御の効果も発揮します。
引用元:日本ビフィズス菌センター

ヨーグルトの成分表にもよく書いてある人気の成分です。
危険性は特になく、便秘の改善や腸内環境を整える効果があります。
ただ良いからといって、摂りすぎるとどうしても下痢になったりとおなかが緩くなってしまうのが気をつけましょう。
腸内環境を整えることは口臭よりも体臭や加齢臭に効果があることですので、溜まっていた嫌な臭いに悩みを感じているのであればしっかりと継続して摂取していきたい成分です。
効果実感するまでは時間がかかってしまうところではありますが、子供でも安全に摂取できる成分のため効果や飲み方を最大限に引き出すためにもしっかりと効果は理解しておきましょう。
危険性は特にない成分ですので、原材料表示にあったとしても特に気にしなくて問題ありません。

有胞子乳酸菌(乳成分含む):
有胞子性乳酸菌は、腸内では悪玉菌を抑えてビフィズス菌などの善玉菌をサポートします。
もともと私たちの体にいる菌ではないので、摂取をやめると約1週間で体の外の排泄されてしまいます。
引用元:森永製菓株式会社

この成分こそ長期的に飲み続けることで効果を発揮する成分です。
もともと私たちの体内に無い菌であることと、摂取をやめると時間と共に排泄されるというところがまさに摂取し続けることで効果を引き出す健康食品という成分ですね。
この有胞子乳酸菌も腸内環境を整える成分になります。
フレピュア自身は蓄積された臭いに効果を発揮することで、口臭、体臭、加齢臭などに直接働きかけます。
根本的な臭いに直接働きかけてくれるのは非常に嬉しいですね。
息さわやかな朝を迎えるためにも、購入前にどんな成分が入っているかはしっかりチェックしたいですね。
腸内環境やましてや朝の口臭など自己チェックが難しいところです。
だからこそ日々の継続した口臭ケアは必要ですね。

 

シャンピニオンエキス末:
シャンピニオンエキスは、マッシュルーム(学名アガリカス・ビスポラス)から抽出した機能性食品素材で、世界10カ国(英、仏、独、スイス、スペイン、スウェーデン、USA、カナダ、韓国、日本)で特許を取得している消臭素材です。
=シャンピニオンエキスの働き=
腸内腐敗産物の抑制・血液浄化
厚生労働省の各種検査で、人体にまったく害がないことが確認されています。
引用元:世界特許シャンピニオンエキスのお話。Wowma!

こちらも腸内環境に効果を発揮する成分です。
効果は長期的な使用でかかるため、根本的に効果を発揮させるためには必須になります。
マッシュルーム由来の為、添加物とか無添加とかそういう危ない感じではなく健康食品の類になります。
副作用もなく、子安心してお使い頂けます。
飲み方もこの成分単体だけであれば、一時的な服用ではなく長期的な服用なためまず続ける事だけ意識していれば問題ありません。
もちろん即効性があるわけではないので、餃子とか臭いの強いものに関してはこの成分は効かないのでダマされないようにしましょう。
市販の口臭対策サプリメントでも配合されている事は多いですが、市販品は含有量も少ないため、期待しないようにしましょう。

 

ナタマメ茶末:
口臭は口の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなっており、口腔内の細菌バランスをよくする働きがあり、口臭予防の効果も発揮します。
なた豆は、口臭の原因となる歯周病や歯槽膿漏、そして虫歯、ドライマウスにも効果を発揮するといわれております。
引用元:刀豆ナタマメ協会

なた豆や口腔内のネバつきなどを除去して、シャキっとさせる効果があります。
そのため、歯磨き粉とか歯磨き系の商品には含まれている事が非常に多いです。
こちらは即効性のある効果で、息スッキリ、口の中スッキリといった感じで出先ですぐに使うとしたら便利な成分です。
これに加えてレモンミント味で即効性のある効果を実現するため、最初はこの即効性のある効果を感じたいためだけに買うのもありかもしれません。
自己チェックの出来ない口臭だからこそ、即効性のある効果で周りにいる人の目線を気にしないためにもしっかりと成分を理解してその効果を最大限に引き出していきましょう。
即効性があるからといって歯磨きしなくても良い、というわけではないので注意しましょう

 

「危険なのでは?」どんな成分

レモン果汁末(大豆を含む):
レモン果汁を乾燥させたもの。 引用元:コスメティックインフォ
コーヒー生豆抽出物:
生コーヒー豆エキスは水溶性が非常に高いことから,各種飲料への配合を推奨します。 引用元:オリザ油化株式会社
マルトース:
オオムギを発芽させ、湯を加えることによってデンプンが糖化されたもの 引用元:Wikipedia

 

還元麦芽糖水飴:
キレの良い良好な甘味質(甘味度75%)をもつ糖アルコールです。各種食品の低カロリー化に適しています。 引用元:物産フードサイエンス株式会社

ソルビトール:
ソルビトールとはトウモロコシデンプン由来の糖アルコールです。
元々自然の食べ物にも含まれており、海藻類やバラ科の果物(りんご、なし、桃、プルーン)に多く含まれています。 引用元:人工甘味料の専門ページ
これらは自然由来の食品添加物になります。
レモンやコーヒーから作られる加工物は言うまでもなく自然由来の食品添加物です。
糖アルコールに関しては、基本的に自然界にも存在する化合物の為、身体にとっては安心です。
医薬品としても使われておりますし、世界保健機構などでは、きわめて毒性の低い物質と言われていたりと、気にすることは必要ないようです。
ただ摂取しすぎると下痢を引き起こすことがありますので、その部分は非常に気にした方が良いかもしれません。
ビフィズス菌や乳酸菌も下痢を引き起こすので、あまり違いがないように思えてきますが、自然界にも存在する化合物なのか、それとも食品添加物なのかでは大きく違います。
合成甘味料との違いは、もともと自然界にある成分を使って人工的な甘さをつくりだすことにあります。
糖アルコールのメリットとしては、甘くても虫歯の原因にはなりませのでその部分は非常に安心できますね。

デキストリン:

デンプンまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称である。 引用元:Weblio辞書

良く聞くこともあるかもしれませんが、こちらはジャガイモとかトウモロコシとか植物のでんぷんを用いて作られたものです。
そこまで考えて食べろっていう事ではなく、ただ単にそういったものだ、という認識を持ってその成分を見るのと認識を持たないでその成分を見るのでは大きく意味が違うと思います。
化粧品などにも使われていたりするので、摂取するのも問題なし、肌に塗るものとしても使われているため非常に安心できます。
植物由来のものを使おうとして、その植物由来とやらで色々と何も知らない間に、アレルギー反応起こすよりはやはり成分に関して知っておくべき必要があると思います。
今までこういう成分に関して知らない人からすると、新常識な部分もあるとおもい、あえて細かく説明しておりますのでお付き合いください。


酸味料(クエン酸):
食品添加物のひとつである。酸味を与えたり、酸化を防止したり、水素イオンの度合(水素イオン指数: pH)を調整するために使用される。 引用元:Wikipedia
香料:
香料

微粒酸化ケイ素:

微粒二酸化ケイ素には毒性はなく、摂取しても身体には消化吸収されずそのまま体外へ排出されると言われています。
主な用途としては食品添加物として使われており、粉末の調味料等が湿気を吸ってダマになることを防ぐ目的などで添加されることが多いようです。 引用元:Wakagaeri Beauty
ステアリン酸カルシウム:
高級脂肪酸のカルシウム塩の混合物であり、欧米においては、1920 年代頃から様々な用途で食品に用いられてきている。  引用元:厚生労働省

これらは良く日常的に食品に用いられる食品添加物になります。
基本的に体内で吸収されずにそのまま排泄されます。
そのため、過剰な摂取でないのであれば心配する必要はありません。
※過剰な摂取というのは食品添加物だけでなく、たとえば醤油とかも過剰な摂取したら健康を害します。
1日1~2粒くらいフレピュアを食べて健康を害する事はまずありませんし、ご安心ください。
ただ一つ注意したいのは、基本的に体内で吸収されずに、、、という事は、身体には負担がかかります。
本来自然界には存在しない摂取しなくても良いものなので、身体自身は口に入れたとしても、脳と体全体が反応してその添加物を拒否します。
そしてそれを排泄するために余計なエネルギーが必要になるため、身体に負担がかかるという事です。

甘味料(スクラロース):
スクラロースとは、1976年に開発された砂糖の約600倍の甘さをもつカロリーゼロ甘味料です。現在、カナダやオーストラリアを含む約80ヵ国で食品や飲料の原材料として使用されています。 引用元:日本コカ・コーラ株式会社 飲料アカデミー

→スクラロースの危険性が一番心配かと思いますのでこちら引用させて頂きます。

世界トップレベルの研究機関の数々が、スクラロースの安全性を認定。
引用元:日本コカ・コーラ株式会社 飲料アカデミー

スクラロースに関しては賛否両論あるとは思いますが、私としては使われている以上は安全なのではないかと思っています。
もちろんその毒が物凄く大量で、かつ毎日毎日ずっと飲み続けていたらもちろんダメです。
ただ一番は世界トップレベルの研究者たちが安全性を認定しているというところが非常に良いですね。
現状80ヵ国、食品や飲料にまさに使用されている成分なため安心して使いましょう。
子供でも大人でも男性、女性、全ての人に届くような製品であってほしいと思います。
添加物とか言葉尻だけとらえて全てを悪いものというようにする人もいますが、実際にしっかりと成分について勉強すると全然そのようなことがないことわかります。
もちろん妊娠中、授乳中など食べたものが直結するところに関しては再度担当の医師にご相談しましょう。

フレピュアに使われている各成分に関しては、確かにその言葉だけを見ると危険だと思ってしまいますが、しっかりと何で出来ているのか?をしっかり調べる事で安全であることがわかります。

無香料でなかったり、無添加商品ではありませんが、基本的にそれぞれの成分は安全です。

言葉だけチェックしてしまい実は安全性の高い商品だと衝撃を受けるかもしれませんが、しっかり調べれば真実がわかると思います。

飲んではいけないサプリというわけではありませんので子供でも問題なく飲めることもわかります。

妊娠中や妊娠前期、妊娠後期の女性で飲みたい!という方がいらっしゃいましたら、担当の医師にご確認下さい

胎内であったり母体であったり、その時の状況は刻一刻と変化しておりますので、一概にご自分の判断で決めるより担当の医師にご確認して頂いた方が確実です。

授乳中だとしても母乳に影響が出る可能性はありますので、妊娠中、妊娠初期~後期、授乳中は担当の医師にご確認下さい。

何歳から使って良いのか、と思われると思いますが授乳が終わった後にお子さんの口臭が気になるようでしたら、小学生、中学生、高校生とどのタイミングだとしても服用は問題ないといえます。

孫の事が心配なおやじ世代の方は飴玉といって舐めさせても良いかもしれませんね。

フレピュアは危険か安全か?まとめ③:GMP認定の品質管理により国産で安全

成分としては問題ない事が先ほどわかりました。

GMP認定とは下記のマーカー部分のみ読んで頂ければわかる通り、

安全に作られて、一定の品質が保たれますよ、という事です。

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。

引用 日本健康食品規格協会

元々医薬品で義務づけられていた規則が、サプリメントにも適用されてきたという事で非常に安心できますね。

成分としては安全、そして製造工程や製造されているところも国内という事で基本的には危険なところはありません。

そのため、エチケットサプリメントとして一時的に使うにしても、シャンピニオンエキスの成分で長期的に使うにしてもどちらにしても安心して食べる事が出来ますね。

体臭や加齢臭に効果を発揮するとなると、どうしても強烈な薬や副作用があるのではと思いがちですが、実際には連続使用をすることで腸内環境を整える事で効果を発揮するんですね。

長く食べるなら安全な食品が良いに決まってます。

フレピュアは危険ではなく安全な食品としてしっかり証明されてますから、安心して食べましょう。